本文へスキップ

横浜で産後骨盤矯正できる整体院。カイロプラクティックCuraです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

産前産後のカイロプラクティックfor Maternities

考え方

施設写真

◎産前産後の不調はなぜ起こるか?
 産前・産後には腰痛・お尻が痛む・足の付け根が痛む・恥骨が痛むなどの不調が起こりやすくなりますが、ホルモンバランスが原因です。
 妊娠中に出される「リラキシン」には骨盤を緩める働きがあるため骨盤が歪みやすくなります。妊娠4週から分泌されるとも言われ、その影響は分娩後2ヶ月ぐらいまで続くとされています。妊娠前から骨盤が歪んでいる場合、妊娠後いろいろな症状が悪化しやすいと言えます。
 産後はおっぱいを吸わせるとプロラクチンという母乳を出すホルモンが出ます。プロラクチンには子宮を収縮させる作用があり、産前の状態に戻そうとします。骨盤の靭帯を戻すのにも作用すると考えられ、母乳が出る方はたくさんおっぱいをあげると体が元に戻りやすいともいえます。
 ところが、このホルモンの逆効果になると、手首の腱鞘炎やばね指といった症状の原因となるとも考えられています。
・出産で緩んだ骨盤を締める働きのホルモン(プロゲステロン)の影響が全身に及ぶため、腱鞘もしまり、腱とこすれやすくなる
・ホルモン(リラキシン)によって緩んだ身体の靭帯はすぐには元に戻らないが、緩んだ状態で手首を酷使してしまう
・ホルモン(エストロゲン)には腱の弾力を保持する働きがあるが、産後その分泌が減り腱と腱鞘が硬くなり、摩擦が起こりやすくなる
などなど、普通より腱鞘炎が起こりやすくなります。

◎妊娠中のカイロプラクティック
 当院では安定期(5ヶ月目頃から)の方であれば受け付けておりますが、普通の方と同じような施術はせず、骨盤部に負担のかからない優しい方法で行います。ですが体調に問題なければ安定期以外でも体をほぐしたりすることはできるかもしれませんし、反対に安定期でも体調によってはできないこともあります。
 妊娠中は脚がむくんだり、股関節やお尻のあたりが痛くなったりすることが多く、月齢が進むにつれ痛みの部位があちこち移っていったりするものです。その都度、そのからだの状態に合わせて施術をしていきます。
 また、あまり体を押したりせず、非常にソフトなやりかたで、体の緊張をとり、リラックスさせるやり方もあります。これは自然に体が変化するのを促す方法です。是非一度ご相談ください。

(妊娠中に多い症状)
 ・腰痛 ・お尻や骨盤周囲の痛み


◎産後のカイロプラクティック
 基本的に産後ひと月は無理せず安静にして様子を見るのが良いですが、もし
産後すぐでも、腰痛、恥骨痛、股関節痛、仙骨痛などの不調があれば、状態を見ながら施術を行います。

 骨盤の調整に関しては、産後2・3ヶ月はホルモンの影響で骨盤が緩く動きやすくなっているために施術の効果が出やすい一方で、またすぐに戻りやすいということもあります。ですので、施術後に骨盤ベルト等で固定しておく方が良い場合もあります。

 特に症状が無く、とりあえず骨盤の調整をしてもらいたいという方でしたら、産後2ヶ月ぐらい経ってからでも間に合います。当然日常での姿勢などには十分注意が必要です。

 妊娠中でも産後でも、緩んだ骨盤をしっかりと締めて固定すると痛みが楽になることがありますが、その際は腹帯やガードル・ウエストニッパー等お腹を締めるものでなく、骨盤の下の部分(脚の付け根の出っ張った骨のすぐ上あたりのライン)を締めて固定できるもの(有名なものは「トコちゃんベルト」など)を使用するのが良いと思いますので、不調のある方は試してみると良いかもしれません。

 ベルトの効果には個人差があるので使用してみて痛みが楽になるようでしたら良いですが、逆に余計に痛みが強くなるようなら使用は控えましょう(こればかりは使ってみないと分かりません。もちろん不調が特になければする必要はありません。これといった症状のない普通の人が長時間骨盤を締め付けるのは良くないです。その上で産後は骨盤底筋体操などを行うと骨盤を締めるのに効果的だと思います。

 また母乳の出が悪かったり、母乳が詰まるといった症状にも、カイロプラクティックは効果的ですので、是非ご相談ください。

 (産後多い症状と気になること)
・肩こり・首こり・背中のこり・肩甲骨内側のこり・腰痛
・お尻、骨盤の痛み・股関節痛・慢性疲労・手首の腱鞘炎
・骨盤ケア・体型戻しなど

(妊娠中・産後に多い症例集 )※当院総合サイトにつながります
産後の肩こり 
肩甲骨の内側の痛み 
母乳の詰まりによる胸と背中の痛み 
腕の痛みとしびれ(産後にも多い) 
産後の手首の痛み 腱鞘炎 
産後の手の親指の痛み 
妊娠中と0〜1歳のお子様を持つママによく起こる腰痛と対処法 
産後のぎっくり腰 
お尻の痛み 
産後の骨盤のぐらつき 座るとお尻の骨が当たる 
恥骨の痛み 
産後に股関節が開かなくなる 股関節の痛み 
内股の痛み 
膝の痛み 
産後のふくらはぎのむくみと膝の痛み 
産後および冷えによる足首の痛み 
抱っこ疲れ 
赤ちゃんの向き癖と頭の形のゆがみ 



無料託児サービス


赤ちゃんと遊ぶ  赤ちゃんを抱っこ


★乳幼児をお連れでお受けいただけます!おかげさまで好評です!


・受付は月、火、金曜の10時〜14時まで
・専任スタッフ(院長妻)が付き添います。
  ニチイ学館「ベビーシッター」
  NPO法人新保育学会認定「チャイルドケアオブザーバー」です。
・未就園児のお子様までOKです。
(長期休暇の際は園児・小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも同伴可。)
・産後すぐからでもお受けいただけます。
・施術後に授乳もできます。
・ご利用希望の際は、必ず二日前までにご連絡ください


※チャイルドケアオブザーバーは、日本の保育施設外における保育を担うものとして、2008年に特許庁により認定された資格です。お子様とお子様連れのお客様に「安心・快適・満足を提供する」ための知識と技術を習得したチャイルドケアスペシャリストです。

・施術ベッドから少し離れたところでお子さんに遊んでいただいておりますので、お子さんの気配が分かり安心です。
・授乳スペースあり。おむつ替えもできます。
・当院でもおもちゃや絵本などを用意しておりますが、衛生面が気になる方や、特にお気に入りのおもちゃがある方はご持参ください。(当院のおもちゃ紹介

おもちゃと絵本   当院のおもちゃ箱
 おもちゃで遊ぶ男の子  赤ちゃんの面倒を見ている



 上記以外の時間帯は院長の榎本が一人で全ての施術を行っておりますので、お子様連れの場合、常にお子様を見ていることが出来ません。
 生後間もなくでベビーカーの中やソファで寝ていられるようであれば、お連れいただいてもOKですが、寝返ったり動くようになってしまうと見ていられる方が必要になりますので、その場合はお子様連れOKの時間帯にお越しいただくか、ご家族でどなたかお子さんを見てくださる方をお連れ下さい。
 もちろん一人で遊んだりお絵かきしたり本を読んだりして過ごせるお子様(3歳以上が目安)であればお連れいただいてもOKです。
 ちなみに土日はパパママと一緒にお越しのお子様も多いですよ。

 なお、ベビーカーでお越しの際、当ビル入り口に2段の段差があります。ご注意ください。

★横浜市中区、伊勢佐木長者町駅すぐの 産婦人科マチダクリニック の連携施設です。  マチダクリニック紹介
 ★横浜子育て応援マガジン「ベイ★キッズ」に紹介されました! ベイ★キッズ紹介
★子連れでも安心しておでかけできる情報満載ポータルサイト「ココフル」に紹介されました!ココフルでの紹介ページはこちら  ココフル紹介
  ★子育てサークル・保育園・幼稚園情報検索サイト「リトル・ママ」に掲載されました!リトル・ママでの紹介ページはこちら リトル・ママ紹介
  ★こどもとおでかけ情報サービス「comolib」に紹介されています。紹介ページはこちら comolib紹介


追記

 当院のお子様連れでの施術が好評で、お問い合わせを多く頂戴しております。

 現在のところ、初めてお見えになる方では一歳未満のお子様をお連れの場合が一番多く、年齢が上がるに従い少なくなっています。

 早い方ですと産後数週で骨盤の状態を気にされてお見えになりますが、特に痛みなどの症状が無ければ、骨盤の調整は産後2ヶ月ほどしてからで良いとお話いたします。
 というのも、人間には必ず回復能力が備わっていますので、出産時に拡がった骨盤は2、3ヶ月かけて自力で元に戻っていこうとするからです。産後すぐは骨盤周りのあちこちが痛んだりしても、時間が経つにつれて治まる事も多いです。

 
但し、強い痛みがしばらく続くようなら産後すぐでも施術しています。これは強い痛みが慢性化しないようにするためです。
 産後2、3ヶ月して、何かしらの痛みが残っていればもちろん施術します。

 ちなみに産後すぐからの痛みで多いのは、恥骨痛、腰痛、お尻や骨盤あたりの痛み、股関節痛あたりです。
 そして産後の痛みが治まってから今度は子育てでの疲れによる痛みが出てきます。月齢でいうと6ヶ月ぐらいでしょうか、お子さんの人見知りが始まるあたりです。
 抱っこ紐での長時間の抱っこ、添い寝での授乳などで、体のあちこちが痛くなります。首、肩、背中、肩甲骨の間、腰、骨盤周りなどが多いです。

 こういう症状ですと、当院ではどちらかと言うと男の子のお母さんの御来院が多いです。おそらく男の子のほうが体重が重く、動きが活発なので、お母さんが疲れるのかもしれません。

 それも一歳を過ぎてきますと少しずつ減ってくるようです。その理由としましては、
・一歳頃になるとお子さんが歩き始め、またベビーカーに乗れるようになり、
 ずっと抱っこでなくても良くなるので、お母さんの疲れが減る
・一歳頃からお母さんが職場復帰するため、保育園に預けられる。

 もちろん、負担が軽くなったとは言え、日々の育児や家事は大変ですし、今度はお仕事による疲れも当然あるでしょう。
 当院では幼稚園に入る前のお子様は上記のように無料で専任が付き添えますので、痛みがありましたらいらしてください。

 で、ちょっと落ち着いた頃に第二子妊娠という方も出てきます。出産した頃には上の子が2歳ぐらいという場合は、お子様二人連れてまた御来院いただくという感じですね。

小さな女の子と遊ぶ


所在地   
住所   〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
電話  045-664-6601
アクセス  みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにあり、アクセスはとても良いです。アクセス詳細はこちらも。




カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20
ストーク元町一番館305
TEL 045-664-6601
FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
11月の休み
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)
12月の休み予定
3(日)、17(日)、31(日)

電話がつながりにくい場合は、メールでのお問い合わせも受け付けております(メールの受信設定をお願いします)。
mail


★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。
 詳細ページはこちら

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです